2008年05月18日

塩素のないお水を飲もう

 最近10年間で水道水に含まれる塩素の量は、5倍にも10倍にもなってきていることご存知ですか? 
法律で定められている日本の塩素の基準は「塩素は家庭の蛇口で0.1ppm以上残っていること」と、下限を定めるだけで上限がありません。
つまり、際限なく塩素の投入しても法律に違反することはありません。
その結果、東京のある地域の蛇口塩素濃度は1.5ppmであり、全国軒並み1ppm以上となっています。
 これは基準の10倍から15倍であり、プールの基準値として定められている0.4ppmよりも倍以上濃くなっています。
30代以上の方なら、かなり塩素臭かったという記憶のある学校のプールの水よりももっと濃い塩素の水を口にしているのです。

塩素の影響については、あなたや家族の皮ふに影響するだけではなく、あなたのミネラルバランスを崩します。
どういうことかと言いますと、塩素を中和するために身体の中のミネラルが必要以上に消費されるからです。
また、塩素は腸内の善玉菌を殺してしまいます。せっかく食べたヨーグルトの菌が死んでしまいます。

ひらめき 天然素材で塩素除去する安心なお水が作れます。
      バッド(下向き矢印)  
作り方は、母親塾優しいママ「家族の健康づくりコース」にお問い合わせください。
   Yasasiimama777@yahoo.co.jp mail to
posted by 家族の健康を守るお母さん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック






日本人口の3%が利用! 宅水便のキララ 2週間無料お試し実施中!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。